年代別まつげデザインの特徴

年齢に従って表情や肌が変化し似合うメイクが変わるように、まつげにも同じことが言えます。まつげも含めて体毛には毛周期というサイクルに合わせ、生えて抜けてを繰り返していますが、年齢を重ねていくことに少しずつ生えるスピードが遅くなり、薄く弱い毛に変化していきます。そして栄養不足や血液循環が悪ければさらに弱い毛が生えてしまうのです。もしまつげに年齢を感じ始めたら、いつものスキンケアにまつげ美容液をプラスすると毛根の育毛サポートをすることができるのでお勧めです。

 

また普段のメイクには年齢に合わせてデザインを変えていくことで、魅力的なまつげを演出することができるでしょう。社会に出るまでの10代や20代は濃いアイメイクが人気を博しています。一重や奥二重の人でも、つけまつげやアイプチ、まつげエクステなどを使ったテクニックを利用すれば別人のようになりますし、人気ファッションモデルなどは手順をブログや雑誌で公開していたりします。

 

この世代のまつげの特徴は、量は自まつげの2倍3倍以上、長さもあり、どちらかというと垂れ目に見えるように目尻に向かって濃いタイプが人気のようです。下まつげに関してもゴージャスに盛ることが主流で、下まつげ専用のつけまつげや、マスカラもたくさん販売されています。

 

社会人として働きだす20代や30代になると、濃いメイクからナチュラルメイクを好む人が増加します。この年代の中で男性の人気が高いのはゴテゴテとアイメイクを重ねている女性よりも、自然ですっぴんに近いタイプが人気のようです。まつげの形は瞳を大きく見せながらもナチュラルな仕上がりという特徴があり、量よりも長さやカールが重要視されています。つけまつげやまつげエクステを選ぶ場合もナチュラルな仕上がりを求める女性が多いようです。

 

40代以降になると少しずつまぶたに年齢が出始め下に垂れがちになるため、自まつげもだんだんと下がりがちになります。そのため好まれるまつげは、まぶたをぐっと上げてくれる自然なカールがついたタイプです。上向きにカールすることで瞳が輝きを増し、マスカラやアイシャドウが付けやすくなるというメリットがあります。この頃になると、まつげにもアンチエイジング効果を求める女性が増える傾向にあります。

【体験談付き】まつげ美容液お勧めランキング
まつげ美容液ランキング