まつげに塗るのと地肌に塗るのとの違い

まつげ美容液と一口に言っても、大きく分けて2種類に分類されます。1つはマスカラのようにまつげに沿って美容液を根元から先に向けて塗るタイプ、もう1つはまつげの根元に美容液を塗るタイプです。

 

まつげ美容液の形状にもよりますが、ブラシタイプの場合はまつげ全体に万遍なくぬることで、艶とコシのある力強いまつげを作ります。ブラシタイプやチップタイプはまつげよりも大きいことが多く、1本ずつ丁寧に塗ることは難しいのですが、まつげの根元やまぶたのキワには付けやすい形ををしています。

 

基本的にまつげ美容液は瞳の中に入っても大きなトラブルになることは滅多にないのですが、ブラシタイプの方が極力目の内側に入らないように塗ることができるでしょう。ですから初心者でまつげ美容液が自分にどう働くのか不安がある場合は、ブラシタイプを選択しておくことをお勧めします。

 

ただし、固めの人工毛で作られている場合はまつげの角度に合わせることが難しい場合もありますし、肌に触れたときに痛みを感じる恐れがあるので注意しましょう。このような形状の美容液は、美容成分を浸透させることで切れ毛や弱った毛を補強し健康なまつげを取り戻す効果が強い製品が多い印象です。また、まぶたに付着しないのでアイシャドウやアイラインの邪魔をすることもないため、朝塗ることで日中もまつげを労る働きもあります。

 

地肌に塗るタイプのまつげ美容液は、チップや筆を使って根元にしっかり塗布するため育毛効果を十分に感じることができるでしょう。まつげは約4ヶ月に1度の割合でまつげの元となる毛母細胞が分裂し、やがて肉眼で確認できるくらいに成長しますが、地肌にまつげ美容液を塗ることで、細胞の成長を助け健康的で強い毛を育てることができるのです。

 

ただし塗るのをやめたからといってまつげが生えなくなるわけではなく、あくまでも成長を助けるため使うとより効果的というわけです。両タイプともそれぞれ特徴がありますが、どのようなまつげになりたいのかをイメージし、自分が使いやすい形状のタイプをまずは使ってみましょう。

【体験談付き】まつげ美容液お勧めランキング
まつげ美容液ランキング