奥二重のメイク術

まぶたの悩みで多いのがはれぼったく見えてしまうということではないでしょうか。特に一重まぶたや奥二重の場合はその傾向が顕著のようですね。まぶたの脂肪のつき方にもよりますが、はれぼったく見えがちなまぶたの場合、メイクの仕方やアイシャドウの色によってかなり仕上がりが異なります。

 

プロメイクアップアーティストによると、メイク初心者にありがちな失敗として、目を大きく見せようとして黒系のラインやシャドウで目を囲むことが多いそうです。奥二重のアイメイクの場合はアイラインの幅を太くしてしまうと、せっかくの二重のラインを塗りつぶしてしまい、逆にまぶたが重く、目が小さく見えてしまうのです。

 

二重の幅を消さないためにはペンシルタイプのアイラインを選び、まつげの隙間を埋めるようにゆっくりと細く書きましょう。リキッドタイプやジェルタイプのアイライナーの場合は、極細アイライナーブラシを選び、指のはらでまぶたを押し上げるようにしながら塗るとよれずに書くことができます。

 

切れ長目を強調するならば、内側から目尻にかけて少しずつ太くなるようにアイラインを跳ね上げるように書き、キュート系に見せたいならばブラウンなどの濃いシャドウを目尻にポイントとしておき、ブラシでぼかして垂れ目に見せることも可能です。

 

細めにラインを入れた後は、全体的にビューラーでまつげを上げてマスカラ下地で固定してからマスカラを塗ると良いでしょう。まぶたに肉厚のあるタイプの奥二重の場合はマスカラを塗りすぎてしまうと、まぶたに付いてしまったり落ちやすくなってしまうので、何度も重ね塗りしないことがポイントです。つけまつげを使用する場合は目尻の部分に比重を置くと二重の幅が強調されて、ぱっちりと見せることができます。

 

上まぶたやまつげに集中してしまいがちですが、奥二重や一重まぶたの場合は下まつげを強調させるほうが、全体的なバランスも整いますし、大きな瞳に近づけることが可能です。近頃人気のある涙袋メイクにも挑戦するのもお勧めです。

 

専用の化粧品も販売されていますが、ホワイト系のシャドウを下まぶたの目頭付近から目尻にかけてグラデーションを付けることでも代用できます。涙袋メイクを完成させたら下まつげ専用のマスカラを縦に持ち一本ずつ丁寧に塗りますが、部分的にのつけまつげを目の中心から目尻にかけて重ねるのも人気がありますよ。

【体験談付き】まつげ美容液お勧めランキング
まつげ美容液ランキング