小さい目のメイク方法

日本人女性に多い小さい目におけるメイク術はよく美容雑誌等でも特集が組まれていますが、なかなか上手くできるという人も少ないでしょう。目の形は人それぞれですが、他人と同じようにするのではなく自分に一番のメイク方法を知っておくことが大切です。カラーコンタクトレンズは様々な色や形があり、付けるだけで目が大きく見えたり外国人風に見えることでも人気があります。ただし目の小さい人が、黒目の部分が大きく輪郭が縁取られたタイプの物をつけるとバランスが悪く違和感があるので、特に黒目の色とサイズ選びには注意が必要です。

 

また、目元にコンプレックスがあるとアイメイクに集中して手をかけてしまいがちですが、ベースメイクで顔を立体的にみせることで、彫りが深くみせることができます。たとえばあくまでも濃くならないように注意が必要ですが、ノースシャドウやシェーディングを入れるだけで目元が浮かびあがって強調されやすくなります。チークやアイブロウとのバランスの差が難しいこのような上級テクニックを身につけるには、一度メイクカウンターなどでやり方を教わるのも良いですし、メイクの講習に行くこともお勧めです。以外に簡単にできるのがハイライトです。鼻筋や目頭にパール入りのハイライトを入れて、ファンデーションブラシ等で馴染ませると顔が明るく見えるでしょう。

 

小さい目の場合でも単色でアイシャドウを塗るよりは、まぶたに近いほど濃い色を選んでアイホールにかけて丸くグラデーションをつけて塗るのがお勧めです。ただしアイラインは塗りつぶさず、まつげの隙間を埋めるように細く入れることがポイントです。黒やブラウンで目を囲むときは、目尻のやや外側も使って目尻側が濃くなるようなグラデーションをつけましょう。少し大胆に目尻からはみ出すくらいに書くと重心が外側に向くので、目の面積が広くなるような錯覚を与えることができます。下まぶたには漆黒系のアイラインよりはブラウン系を使って最後はブラシでぼかすようにすると、ナチュラルに見えますよ。

 

マスカラは1本ずつ丁寧に塗りますが、物足りない場合はナチュラルタイプのつけまつげを目尻に付けるのもお勧めです。なるべく毛先が柔らかく毛質が良いタイプを選ぶほうが自然に仕上がるでしょう。

【体験談付き】まつげ美容液お勧めランキング
まつげ美容液ランキング