マスカラで失敗している人の特徴

化粧歴が長くても一度マスカラに苦手意識を持ってしまうと、使用するのが億劫になってしまいます。目元は人の視線も集中しやすい箇所ですから、マスカラはコツをマスターしていつでも綺麗に付けていたいものですね。慣れるまでは失敗しがちなマスカラですが、何度やっても上手く付けられない人は自己流のやり方が知らない間に身に付いている可能性があります。

 

プロのメイクさんは必ず行うことなのですが、ファンデーションを塗る前にスキンケア、ベースというプロセスを辿るように、まずは土台となる下地作りがマスカラを綺麗に付けるには必要なのです。マスカラ用下地を丁寧に塗ることでマスカラを何度も重ね塗りしなくても、マスカラの効果がより長持ちします。同じシリーズを統一して使うことを推奨するメーカーが多いですが、これには使いやすさもありますし、まつげの質が人によって異なるため色々と試してみるのも良いでしょう。

 

時間が経つと目の周りが黒っぽくパンダのようになってしまう人がいます。この場合は下地を丁寧につけウォータープルーフタイプを選ぶとある程度回避できますが、まぶたの脂肪のつき方やドライアイなどで涙が出やすい人、皮膚がオイリータイプであるなどの条件が重なると、どうしても落ちやすくなってしまいます。この場合は、まつげパーマを当ててマスカラをたくさんつけなくてもカールが持続するようにする、マスカラは少量に抑えて部分的なつけまつげを試みるなど、少しいつもと違う方法のメイクパターンも覚えておくことをお勧めします。

 

また、他人の目から見るとどうしても違和感のある付け方をしている人がいます。たとえばまつげが何本も束になってダマがある場合や、あきらかにマスカラのつけすぎで重くみえていたり、上まつげをたっぷり付けすぎて下まつげとのギャップが大きい場合などが挙げられるでしょう。下まつげ用の専用マスカラはブラシも小さく、1本ずつ丁寧に付けることができるので持っていればとても便利ですよ。マスカラの付け方をマスターすることは当然として、メイクは一つの部分が目立ってしまうと違和感が出る場合が多いので、日常的なメイクにおいては全体的に付けすぎないことが鉄則です。

【体験談付き】まつげ美容液お勧めランキング
まつげ美容液ランキング