まつげ美容液を塗る場所や塗る際のポイント

まつげ美容液を塗るときはタイプによって柔軟に使い方を変える必要があります。たとえば美容液の種類によっては、朝用夜用と分けられていることもあるのでパッケージや説明書をしっかり読みましょう。まつげ美容液のアプリケーターにはいくつかの種類があり、たとえば、ブラシ型、チップタイプ、筆タイプなどですが、それぞれ試して一番自分に合う物を見つけるのもまつげ育成のために必要なことです。

 

まず最も歴史が古いブラシ型まつげ美容液はアイブロウコームのような形が多く、まつげ1本1本密着してつけることができます。付け方は、上まつげの場合マスカラと同じようにまつげの根元から上に向けてしっかりと塗り、下まつげの場合は縦に持ち替えて皮膚を下に引っ張り下まつげを持ち上げてから塗ると良いでしょう。ちなみにアプリケーターを容器から出してすぐにまつげに付けると美容液の量が多く含む場合があるため、一度容器にしごいて均一にしてから塗るとダマになりません。ブラシ型は初心者でも扱いやすいので美容ランキングで上位にくることが多いです。

 

筆タイプやチップタイプの特徴はリキッドアイライナーのような形をしているため、まつげのキワや隙間にかけて塗ることがポイントです。毛根付近の細胞が活性化することで力強い健康まつげが生えますが、この2つのタイプの場合は内部まで美容成分が浸透しやすい形状ですから効果も現れやすいといえるでしょう。実際まつげそのものよりも、まつげの毛根に直接アプローチすることを勧めているメーカーも多いのです。普段リキッドアイライナーに慣れ親しんでいる人には使いやすいかもしれませんね。

 

まつげを育毛成分が多い美容液の場合、まつげ以外に付着してしまうとその部分が色素沈着を起したり、薄く産毛が生えてくることがあるので、使用量には十分注意して少量ずつ塗ることをお勧めします。また美容液は目に入っても特に悪影響はないとされていますが、アプリケーターが汚れてほこりなどが付いていると目に入った場合、何らかの疾患が出る可能性もゼロではありません。日頃から清潔に保って、美しいまつげを目指しましょう。

【体験談付き】まつげ美容液お勧めランキング
まつげ美容液ランキング